株式会社アティックツアーズでは、旅行業者様向けのフィリピン情報をご提供しております。

 
 

フィリピン最新情報

フィリピン最新情報
 
フィリピン航空 日本-フィリピン間の6月分運航スケジュール発表
2020-06-15
フィリピン航空より日本-フィリピン間の6月分運航スケジュールと新型コロナウィルス感染対策に伴う取組みについてオフィシャルレターが届きました。詳細については添付のレターをご確認ください。
 
一般的なコミュニティ隔離措置へ緩和
2020-06-01
新型コロナウィルスによるコミュニティ隔離措置が6月1日-15日までの期間、一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)へ緩和されるとフィリピン政府から発表されました。これまで感染者数が多かった特定地域のマニラ首都圏、セブ、ラグナ州を含む、多くの対象地域が含まれます。
尚、日本人旅行者を含む外国からの全旅行者につきましては、引き続き入国禁止措置が取られおり、フィリピン人海外労働者や永住ビザ取得者など一部対象者以外は入国が出来ません。
 
一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)では、公共交通機関(鉄道・フェリー・バス・タクシー・ジープニーなど)や私用車は一部の積載乗員数の制限を除いて可能となり、20歳以下の若者や学生、60歳以上の高齢者、妊婦の方、持病持ちの方たち以外の多くの対象者で外出が自由となります。勿論、国から認められている就労者は対象年齢外でも外出可能です。
10名以下の集会やゴルフ、ジョギング、テニスなどのスポーツ活動も認められることになりました。
但し、我々のような旅行会社、一般客への旅行客を対象としたホテル営業、観光施設、レストラン(店内での飲食)、マッサージ店やカラオケ店などは現在も規制対象となり、さらにレベルが下がらないと営業を行うことが出来ません。
 
対象地域など、詳しくは以下、在比日本大使館のホームページをご参照ください。
 
在比日本大使館ホームページ
 
マニラ首都圏、セブ、ラグナ州にて コミュニティ隔離措置が5月31日まで延長
2020-05-15
新型コロナウィルスによるコミュニティ隔離措置が5月31日(日)まで延長となりました。
延長になったエリアは新規感染者数の多い特定地域とフィリピン政府より発表されました。
 
◎マニラ首都圏(メトロマニラ)
◎セブ(セブ市、マンダウエ市、マクタン島ラプラプ市)
◎ラグナ州(ルソン島南部)
 
コミュニティ隔離措置では、食品の購入、病院への通勤、一部許可が下りた企業への通勤以外は、外出禁止。
外出する場合はCQ PASSという許可証の持参が必要で、時間は5:00~20:00に制限されます。
外出可能対象年齢も20歳~59歳となります。
 
尚、上記3つのエリア以外に関しての地域につきましては一部規制緩和をされるとのことですが、
詳しくは以下、在比日本大使館のホームページをご参照下さい。
 
在比日本大使館ホームページ
 
 
 
 
マニラ首都圏の電話番号、8ケタに変更
2019-10-01
番号変更のお知らせ ※PLDT社HPより
2019年10月6日(日)より、マニラ首都圏(メトロマニラ)
を中心とする市外局番が「02」の地域の電話番号が変更
されていますので、ご注意ください。
 
PLDT社を利用している場合はマニラ02の後ろに「8」を追加し、
グローブ社の場合は「7」を追加します。
海外からマニラへ電話をする場合にはご注意ください。
※従来の番号に電話をかけた場合、変更についての自動音声が
流れますが英語のみです。
 
※なお、今回の変更は主に市外局番が「02」の地域が対象で
携帯電話や、セブやダバオなど、その他の地域は対象外です。
 
 
メトロ・マニラの電話番号の8桁化、10月からに延期
2019-03-11
2019年3月18日(月)より従来の電話番号に「8」を加え、
メトロ・マニラ(マニラ首都圏)の電話番号が8桁へと変更される予定でしたが
現地報道によると、2019年10月6日(日)へと延期されることになりました。
 
コンディションなどに変更はありませんが、開始の時期が延期されます。
情報が混乱しており、また今後も開始時期などが変更される可能性もありますので
ご案内に際してはご注意ください。
 
 
在ダバオ総領事館が開設されました
2019-01-17
平成31年1月1日に、在ダバオ領事事務所が格上げされ、在ダバオ総領事館となりました。
初代総領事には、前領事事務所長であった三輪氏が就任しております。
 
現在、マニラの在比日本大使館には約12,000人、セブの領事事務所には約3,000人の邦人から
在留届けが提出されているそうです。ダバオでは2017年10月時点で1,645人からの提出が
確認されているとのことです。
 
コレヒドール島観光 6/21(木)より、催行再開
2018-06-18
コレヒドール島へは船を利用します
「コレヒドール島」観光は、6/21(木)より催行再開されます。
 
6/21(木)~9/30(日)の期間は、木、金、土、日の催行です。
月、火、水は、催行されませんのでご注意ください。
 
これからの季節は台風が時々発生し、観光に影響する場合もあります。
移動手段に船を利用するコレヒドール島観光では、雨が降っていなくても
波が高い場合には、催行が中止される場合がございます。
 
コレヒドール島観光 6/2(土)より、催行中止
2018-05-30
マニラ発の日帰り観光として人気の「コレヒドール島」ですが
6/2(土)より、しばらくの間、ツアーが催行されません。
コレヒドール島観光を主催するサンクルーズ社(SUN CRUISES,INC.)
によると、再開については現時点では未確定とのことです。
 
2017年は7~9月、2016年は8~10月、2015年は7~10月の期間、
毎年この時期は毎日催行 → 木~日の週4日に催行日を減らして
催行されておりましたが、2018年は6月よりしばらくの間、
催行されないとのことですのでご注意ください。
 
コレヒドール島の破壊された兵舎跡
 
新貨幣 10ペソ、5ペソ、1ペソ
2018-05-09
新貨幣。左から10ペソ、5ペソ、1ペソ
ペソのコインが新しくなりました。
< 旧貨幣 >
10ペソ:中央が金色/外側が銀色、5ペソ:金色、1ペソ:銀色
< 新貨幣 >
全て銀色
色での判別はできませんので、表記の数字や、コインのサイズで識別する必要があります。現地では、新5ペソ(銀色)と旧1ペソ(銀色)の間違いなども発生しているようです。10ペソは一回り大きいので、識別しやすく間違いは少ないです。旧コインについては、今のところ、いつまで使用可能なのか?といった発表はありません。しばらくは旧コインと、新コインが混在して利用されることになります。
 
在フィリピン日本大使館、改装工事が終了しました
2018-04-16
2/1(木)~3/31(土)期間に行われていた、在フィリピン日本大使館の改装工事が終了しました。以前は柵と樹木で囲まれていましたが、現在は白い外壁へとかわっております。
 
※大使館方向に近づき、カメラや携帯を向けて撮影しようとすると警備員に制止されます。
現在の在比日本大使館